「石巻を元気にしたい」 地元高校生たちが運営するカフェ【宮城発】

印刷


こんにちは!!!アリティーヴィーの彦坂です。先日、石巻市役所のそばに隣接するカフェの取材に行ってきました。


実はここ、ただのカフェではないんです!!!全国的にも世界的にも珍しい高校生が運営するカフェなんです。一体どんな思いで彼らはこのカフェを始めたのか、そこに携わる人たちのお話を聞いてきました。


このプロジェクトを運営する日本財団の公益・ボランティア支援グループ東日本大震災復興支援チーム所属の金子知史さんのお話によると、震災直後は小中学生向けの支援は充実していたものの高校生を対象とした支援が少なく、地元石巻の高校生たちも復興に向けて何か自分たちも力を貸したいという思いがマッチング出来ていない状態だったそうです。


いしのまきカフェ「」プロジェクトが始動してから、高校生たちも頼もしくなってきたと話す金子さん。その眼はまるでわが子の成長を見守る親のようでもありました。


プロジェクトに参加する高校生には、津波で家を流されてしまったという子もいました。同級生が地元石巻から離れていく姿を見送りながら、それでも石巻が好きだから、石巻を元気にしたい。そんな彼らの想いを少しでも感じてもらえれば嬉しいです。どうぞ、ご覧ください。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
いしのまきカフェ「」(かぎかっこ)
[アクセス] 宮城県石巻市穀町14-1 エスタ石巻内(市役所1F)
[営業時間] 土日祝 11:00~18:00 (ラストオーダー17:30)
TEL:0225-23-9371 / MAIL:cafe@doorwaytosmiles.jp
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



仙台発ネットテレビ局アリティーヴィー
「とうほく復興カレンダー」

"とうほく復興カレンダー"は、日本そして海外に東北のすばらしさを発信していくサイトです。東北の復興物語をカレンダーに書き加え、前を向いて進む人たち、東北の「これから」を応援します。
■とうほく復興カレンダー http://re-tohoku.jp/
■仙台発ネットテレビ局アリティーヴィー http://www.ari-tv.jp/

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中