千野アナ、被害者の通夜参列で号泣

印刷

   元フジテレビで現在はフリーの横手(旧姓千野)志麻アナウンサー(35)が駐車場内で運転中に男性をはねて死亡させた件で、横手アナは2013年1月6日、長野県で営まれた男性の通夜に参列した。

   スポニチの報道によると、横手アナは常にハンカチで顔をぬぐい、人目もはばからず号泣していた。報道陣の問いかけには「申し訳ありませんでした」と小声で返答した以外は無言だったという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中