高校サッカー決勝戦がセンター試験の日 受験生選手が1人もいない理由とは?

印刷

   全国高校サッカー選手権大会の決勝が国立競技場で行われる予定だった2013年1月14日、記録的な大雪に見舞われたため1月19日に順延となった。実はこの1月19日、大学入試センター試験の1日目でもある。

   決勝で戦う鵬翔(宮崎)と京都橘(京都)は、ともに十数人の3年生選手がいるにも関わらず、19日のセンター試験当日が試合日になったのは、いったいどんな事情があったのだろうか。

すんなりと19日開催が決まってしまった

   日本列島に大雪をもたらした「爆弾低気圧」は、平年の2倍という雪を降らせ、首都圏の交通網を遮断し多くの怪我人を出すことになった。1月14日には国立競技場で高校サッカーの鵬翔と京都橘の決勝が予定されていたが、正午に試合は無理だと判断された。試合が開始されるはずだった午後2時にはグランドに15センチもの積雪があった。悪天候による決勝の延期は首都圏開催では76年度以降、初めてだという。

   この日、一度は両校優勝で幕を閉じようとの意見が出たが、結局は19日に開催することが決まった。なぜ19日かといえば、国立競技場が空いていたからだ。しかし、この日はくしくもセンター試験の1日目。決勝で戦う両校ともに進学校であり、それぞれ10数人の3年生選手がいて、もちろん試合に出場する。主催する全国高等学校体育連盟が両校に打診したところ、すんなりと開催が決まったという。理由は、

「センター試験を受ける3年生は一人もいません」

ということだった。

   俄かには信じがたい話だが、進学校にも関わらずセンター試験を受ける3年生はなぜいないのだろうか。

例年ならサッカー部員はセンター試験を受けていた

   サッカーの名門、鵬翔の事務局に話を聞いてみると、サッカー部に登録されている3年生は13人いて、試合に出場する選手は、サッカー推薦や指定校推薦で既に大学入試に合格しているのだという。センター試験を受ける部員は2人いるが、もともと試合には出場しないメンバーだということだった。

「当校のサッカー部員で試合に出場する選手の場合は、推薦で大学入学が決まるというのが通例のため、センター試験を受けるという話しはあまり聞きませんね」

と事務局では話している。

   京都橘の場合はどうなのか。同校事務局によれば、同校にはクラブ・生徒会活動などに積極的に参加し個性豊かに総合的な学力をつける総合進学コース、文系・理系の国公立・難関私立大学をめざす英数特進コース、難関国公立大学への進学をめざす国公立特進コースの3コースが設けられていて、サッカーなどの運動部員は主に総合進学コースを選ぶのだという。そして、このコースは推薦で大学に進学する生徒が多く、今回のサッカー部に在籍している3年生13人も推薦で合格しているため、センター試験を受ける必要がないのだそうだ。ただし、

「例年であればサッカー部員もセンター試験を受けて進学していますし、今回のように推薦が決まって、誰も受けないのはめったにないことだと思います」

と打ち明ける。こうした大雪による順延と、センター試験の日に行われることになった珍しい決勝戦は、1月19日の午後12時過ぎにキックオフとなる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中