「日本のテレビは赤ちゃん仕様」「視聴者が成長しない」 杏野はるなの辛口批判にネットで大喝采

印刷

   「タレントが出てきてキャーキャー言っているだけ」という番組が目立つ日本のテレビにタレントの杏野はるなさん(24)がブログで疑問を呈した。

   日本のテレビを「離乳食」にたとえ、赤ちゃん仕様では視聴者が低レベルのまま成長しないと批判を展開している。ネットでは、「いいこといってる」などと賛同する意見が相次いだ。

動物を見せたいのか、タレントを売りたいのか

   「日本はドキュメンタリーとバラエティの差がなさすぎる」――杏野さんは2013年1月16日のブログでこうこぼした。動物番組と銘打っていても、「タレントが出てきてキャーキャー言っている」だけ。「本当にタレントってそこに必要?動物を映したいの?タレントを映したいの?」「動物をフィルターにしてタレントを売りたい?」と疑問を感じるそうだ。

   一方、杏野さんが「動物番組の世界最高峰」というナショナルジオグラフィックやアニマルプラネットには、タレントは出ないし、進行役は1人。だが、美しい映像とシンプルなナレーションだけで内容のよさが十分に伝わるという。

   そして、2013年1月13日放送のNHKスペシャル「世界初撮影!深海の超巨大イカ」に触れ、海外では「日常的なレベル」の同番組がこんなに話題になったことで、日本の「通常の地上波がいかにレベルが低いか見えてしまった」と書いた。ただ、今回のNHKスペシャルは学術的な価値に重点をおいており、「日常的なレベル」という言葉には異を唱える人も少なくない。

   日本の地上波の番組の質の低さについては、批評家の東浩紀さんが「いいこといってる」とツイッターで賛意を示したほか、ネットでも「その通り」と同意する声が相次いだ。

   反響を受け、杏野さんは17日にもブログを更新。今の地上波番組を赤ちゃん向けに限界まで食べやすくした「離乳食」にたとえ、食べていては成長が遅れてしまうしそもそも大人用でもない、と更なる批判を展開した。

「今の日本のテレビは、これでもか!っていうくらい視聴者に親切なのです。もうわかったよ、というものもわざわざ物撮りしてテロップ、ナレーションまで入れる。コマーシャル開けに、また数分戻ったような内容をくり返す。実に、赤ちゃん仕様なのです」
「いつまでもこんなに甘い子供向けの内容ばかりやっていては視聴者のレベルも上がりません」

子どもへの教育と言う観点からも「責任」がある

   「それでもいいじゃん? 甘くて、ぬるくてなにがいけないの?」という見方にも杏野さんは強く反論する。地上波のテレビは、子どもへの教育と言う観点からも「責任」があるそうだ。

   杏野さんによると、子供たちにとっては地上波のテレビはまだまだメインの娯楽コンテンツ。ともすれば、学校、ネットよりも影響があるという。その上で、こう訴えた。

「その影響があるコンテンツが、ただワイワイ芸人、アイドルを並べてトークするだけのようなものでいいのでしょうか?適当に食べ物をレポートして普通に芸人が食べているだけで良いのでしょうか?」

   杏野さんは自称「ゲームアイドル」のタレントで、AKB48批判など、本音を包み隠さずブログに書き込むことでたびたび「炎上」していた。今回の投稿についても「干されるのでは」と心配する声が寄せられているそうだが、「私は自分が思う事を言って仕事がなくなる世界なら別にタレントと言われなくても構わないです。ニセモノのヤラセの言葉を皆様に伝える事だけはしたくないだけ」と応えている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中