男性ファッション誌、異例の販売急増 その理由は「女性の目が厳しいから」

2013/1/20 10:00

   出版不況が続く中、中年男性向けファッション誌がここ1、2年で売り上げを伸ばす異例の好調ぶりにあることが分かった。その背景には、ある事情があるというのだ。

   ひところの「ちょいワルおやじ」ほどではないが、ファッションには少しうるさくて…。最近の中年男性には、こんな傾向があるらしい。

「イケてるダンナ」になれと迫られ…

   全国出版協会の出版科学研究所によると、30~40代向けのメンズファッション誌の部数は、2010年ごろから増加に転じた。12年1~11月は、前年同期の266万部より38.3%も増えて、368万部にまで達した。

   調査に当たった研究員も、「雑誌全体が減少傾向にある中で、あるジャンルがこれだけ伸びているのは珍しい」と驚くほどだ。

   該当するのは、全部で5誌ある。うち、「ちょいワルおやじ」の命名者でもある「LEON」(主婦と生活社)の部数が最も多く、3割弱を占める。このほかは、「OCEANS」(インターナショナル・ラグジュアリー・メディア)、「UOMO」(集英社)、「MEN'S EX」(世界文化社)、「2nd」(枻出版社)だ。

   異例の売れ行きについて、研究員は、最近増えている「街コン」などで、婚活をする中年男性が多いことが原因とも考えられると分析する。「男は、外見でなく、中身で勝負」と言われたのは、今は昔。最近は、男性ファッションなどへの女性の目が厳しくなっているというのだ。

   厳しい目を向けられるのは、何も独身男性ばかりではない。

「ある女性誌の編集者に聞いたところ、最近の既婚女性は『ダンナさんのために雑誌を買う』と言うそうなんですよ。例えば、光文社の『VERY』という女性ファッション誌は、男性に読ませたい特集などを組んでいます。こうした雑誌では、イケているダンナのことを指して、『イケダン』と呼んでいます」

FX業者が注目する、初めてのFXに向いている通貨

    少ない資金でスタートでき、国際通貨基金(IMF)も高い成長を予測する、伸び盛りの国が... 続きを読む

PR 2014/10/23

おすすめワード

今旬ワード

スポンサードリンク

がんばろう日本
がんばろう日本
がんばろう日本 詳しくはこちら

他の言語

注目情報

木下先生と取り組む、自分快適化

「健診健診って、ありゃ医者の営業」と思っていません?コレ読んでみて。

ミニッツシンキング

日本最大級の異業種交流会といわれるほど出展企業が沢山おり、その数なんと1300社以上!

ミライデータセンター通信

iPhone使いこなせてますか?

ヒント
おすすめワード

【スポンサードリンク】

関連サイト

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット
このページのトップへ