「実験に失敗した罰」 教諭が生徒に薄めた塩酸飲ませる

印刷

   愛知県蒲郡市教育委員会は2013年1月19日、市立中学校で12年末、理科の男性教諭(23)が、理科の実験に失敗した罰として生徒2人に水で薄めた塩酸を飲ませていたと発表した。

   市教委の発表によると、教諭は砂鉄と磁石を使った実験を行う前、クラス全員に「失敗したら塩酸を飲んでもらうよ」と伝えた。濃度35%の塩酸1ccを100ccの水が入ったビーカーに入れ、自分でなめた後失敗した生徒2人に15ccずつ渡した。1人は口に入れた後すぐ吐き出したが、もう1人は全部飲んだという。13年1月18日に保護者から学校に連絡があり、発覚した。

   生徒は健康被害を訴えていないが、市教委は教諭を口頭で厳重注意し、今後処分を検討することにしている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中