スーパー能「世阿弥」4月に初演 梅原猛さん作

印刷

   哲学者・梅原猛さんが脚本を手がけたスーパー能「世阿弥」が、2013年4月19~20日、東京・国立能楽堂で上演されることが発表され、1月23日、京都で試演会が行われた。

   世阿弥(1363~?)は室町時代に活躍、日本の古典演劇として知られる「能」を大成した人物として知られる。梅原さんは世阿弥の生涯と作品をテーマにした著書『うつぼ舟III 世阿弥の神秘』『うつぼ舟IV 世阿弥の恋』(ともに角川学芸出版)を発表するなど、以前から世阿弥に深い関心を寄せており、生誕650周年を機に、新作「スーパー能」として発表することとなった。

   市川猿之助(現・猿翁)さんと組んでの「スーパー歌舞伎」で知られ、「ヤマトタケル」などの原作も書いている梅原さんだけに、この「世阿弥」でも台詞に現代語を盛り込むなど、従来の能とは異なったアプローチを試み、芸術と政治、親子の愛、そして能への希望といったテーマを盛り込む。世阿弥役には観世流能楽師の梅若玄祥さん、世阿弥の息子・観世元雅役は片山九郎右衛門さんがそれぞれ務める。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中