「僕、彼女を募集しています 年齢・職業不問!」 Googleで広告打った学生が話題に

印刷

   「僕、彼女を募集しています」―Google Adwordsを使ってこんな広告を出そうとした学生が、インターネット上で話題になっている。

   発想の斬新さでどんどん噂が広まっていき、まだ広告が掲載されていないにもかかわらずツイッターのフォロワーが急増、多数のリプライが寄せられる事態となっている。果たしてこの学生に彼女はできるのだろうか。

彼女と別れてからアダルトサイト作成「まともにならなければ…」

「2年付き合った彼女と別れたのでGoogleAdwordsで彼女を募集してみる」

   2013年1月23日、はてなブログにこんなタイトルのエントリーが更新された。

   「razokulover」さんというこのユーザーは、2か月ほど前に2年以上交際した彼女と別れた。それ以来アイドルグループ「ももいろクローバーZ」関連のアプリやアダルトサイトの作成に精を出してしまい、「今年の4月から新卒社会人としてデビューする僕はまともにならなければいけない」と思い「彼女を作ろう」という考えに至ったという。

   どうしたら彼女が作れるか、「わからないことがあったらGoogle先生に聞くように教わったゆとり世代」というrazokuloverさんはGoogle検索を使い、「google adwordsに彼女募集の広告を出してみた。」という12年4月のはてなブログのエントリーにたどり着いた。これはGoogle Adwordsを使って広告を出そうとしている人がお試しで「彼女募集」の広告を出したというブログで、razokuloverさんはこれを参考にしてアダルトサイトのアフィリエイトで得た収入を彼女募集の広告に使うことにした。

   そして「僕、彼女を募集しています 年齢・職業不問!実務(恋愛)経験なしでもOK」と書かれたテキスト広告を掲載、ブログの最後には「エンジニアのたまごの僕としてはエンジニアさんとたくさんお話してみたいですし、デザイナーさんの友達もほしいので彼女とか関係なくコミュニティを広げたいです」とアピール、自身のツイッターアカウントを載せて「興味がありましたら、フォローして話しかけてくださいー」と締めた。

元彼女は「これだけ話題になっていることが誇らしい」

   このエントリーが投稿された時点で広告はまだ反映されていなかったが、はてなブックマークやツイッターでどんどん拡散されていった。「笑った。この発想はなかった」「こういう手があったか!」と話題になり、razokuloverさんのツイッターのフォロワーはブログ更新から約12時間で100人増えた。

   そもそもGoogle Adwordsとは、Googleで検索したキーワードに応じて検索結果の画面に出る広告を指す。文言とターゲットの性別や年齢、どの検索ワードで広告を表示させるか、などを設定し、Googleの担当者が承認すれば広告が表示される、という簡単さだ。比較的安価で広告が出せるということもあり、お遊び程度に個人で広告を出す人も多い。

   「彼女募集」広告の詳細や寄せられている反応について、razokuloverさんにツイッターでコンタクトを取って話を聞いてみた。

   広告作成に際し、razokuloverさんはターゲットを18~34歳の女性に、検索ワードは「彼女 募集」「彼氏 欲しい」に設定した。現在ツイッターアカウントあてに、ブログを見たエンジニアやデザイナーの男女から多くのリプライが寄せられており、なぜか恋愛相談もされたという。ただし実際に「会いましょう」などの誘いはないので、リアルの恋愛に発展するかはわからない、とのことだ。

   ちなみに元彼女はツイッターでrazokuloverさんのブログを知り、「これだけ話題になっていることを誇らしく思う」と言っているという。

   なお、この広告は現在Googleの支払い処理で不具合があり掲載が停止されている。razokuloverさんは現在再登録を申請しているところだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中