引きこもりは「厄介者で犯罪者予備軍」 支援サイトに抗議押し寄せ謝罪、でも削除はせず

印刷

   引きこもりや不登校の人間を更生、進学支援する会社が公式ホームページで、「引きこもりは無駄飯食いのお荷物」「無責任で、周囲に迷惑ばかりかける厄介者」など過激なことを書いているとネットで話題になっている。

   配慮を欠いていてあまりに酷すぎる、などと抗議が押し寄せたため、会社側は謝罪はしたが、「十分な精査を行った上で掲載していて、賛同も得られている」とし、削除や書き換えはせずに掲載し続けると宣言した。

「社会全体から無駄飯食いのお荷物と見られています」

   この会社は「CARPE・FIDEM(カルぺ・フィデム)」。不登校や引きこもり経験者が尊厳を持ち再び社会で活動し、充分な収入を得られるように教育面でサポーするため、大学への進学から、資格の取得、起業、職業訓練への参加などに関する様々な講座を設けている。

   ところが、公式ホームページにある会社説明や、数々のコラム、Q&Aの中に、引きこもりを侮辱するかのような文章が存在すると2013年1月30日頃からネットで騒ぎになった。例えば、高校中退(或いは、高校進学歴無し)で職歴無し、30歳過ぎの男性を想定し、

「あなたには何の能力もなく、社会全体から無駄飯食いのお荷物と見られています」
「挙動に不審さの残る元引きこもり当事者に、安心出来る居場所が提供されるケースは稀です」

とした。さらに、引きこもりが殺人事件や傷害事件を起こしたニュースが流れているが、引きこもりの中には不満や鬱憤を抱えている犯罪予備軍が大勢いるし、惨めな自分を誤魔化すために極端な政治思想に染まったり、新興宗教に依存したりする人も増えているなどと書いている。

とても参考になったという人も大勢いる?

   ネットでこれらの表現が話題になると同社には「好き勝手なこと言いやがって、ふざけるな!」などと抗議が押し寄せせた。同社は13年1月31日までに、特に問題視されたコラム上に追記し、

「当コラムで不愉快な気分になられた方がいらしたことを深くお詫び致します」

と謝罪文を掲載した。ただ、大変参考になった、という意見も多く、削除や訂正はせずに引き続き掲載していく予定だとした。

   また、今回の騒動をきっかけに複数の30代の男性から質問が寄せられた、と明かし、その質問と回答も掲載した。当事者に配慮する書き方をしてほしい、という質問には、実態はもっと厳しいからこれでも配慮をしたつもりで、

「配慮ゼロの環境でも生き残れるようになりたいと望む人々が集まるところですから、ご覧にならないのが一番良いかと思います」

と回答した。

   こうした引きこもりに関する表現や今回の騒動についてネットでは、「確かにストレートな表現が鼻につくけれども、これくらい過激に訴えなければ引きこもりは行動を起こさないはずだ」といった肯定的な意見も結構多く出ている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中