社長が多く住む街トップは赤坂 「都心回帰」の傾向

印刷

   東京商工リサーチは2013年2月8日、「社長の住む街」調査の結果を発表した。それによると、トップは東京都港区赤坂で2009人が住んでいた。2位以下には、渋谷区代々木(1747人)、港区高輪(1709人)、港区南青山(1683人)、港区六本木(1596人)が続き、「都心回帰」の傾向がうかがえる。

   地価下落で都心部でも住居が購入しやすくなったことを背景として(1)交通アクセスが良くて職住近接が実現できること(2)買い物が便利であること(3)繁華街や文化施設にも近いことなどを重視する動きがあり、人気エリアに集中がみられる結果になったと東京商工リサーチは分析している。

   調査は東京商工リサーチの約245万社の代表者データから、社長の居住地を抽出しまとめた。調査時点は2012年9月。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中