幼い娘かばい、何度も刺される… グアム通り魔で死亡の日本人に追悼の声

印刷

   米領グアムで2013年2月12日に発生した通り魔事件で死亡した、上原和子さん(81)と杉山利恵さん(28)は、祖母と孫娘という間柄だった。

   杉山さんの弟の結婚式のために訪れていたグアムで起こった悲劇。杉山さんは3歳の娘をかばうようにして何度も刺されたという。インターネット上では、亡くなった2人への追悼の声が相次いでいる。

「奥様が亡くなって、子供2人が小さくて、物も喉を通らない」

   各メディアの報道によると、上原さんと杉山さんは2月14日のバレンタインデーに行われる予定だった弟の結婚式のため、親族ら約20人で旅行中だった。

   12日は家族で夕食をとった後、事件が発生したショッピングセンターで買い物をしていた。すると突然スーパーに車が突っ込んできて上原さんらをはね、運転していた男は周囲の人々を次々と刺し、レジ近くにいた杉山さんにも襲い掛かった。杉山さんは抱きかかえていた3歳の娘をかばうようにして、何度も刺されて命を落としたという。

   日本テレビ系のNNNの取材に対し、上原さんと杉山さんが運び込まれた病院のボランティア女性は「奥様が亡くなって、子供2人が小さくて、下のお子さんは乳飲み子で、母乳で育てられている子供がお母さんがいなくて、物も喉を通らないほど」と、杉山さんの夫の様子を話した。

   上原さんの次男で、杉山さんの父の男性は、毎日新聞の取材に対し「一番大事にしていた娘と母を奪われ、みんなで楽しみにしていた旅行も台無しにされてしまった。この悲しみは、とても言葉では言い表せない」と語ったという。

   このニュースで日本人に大きな悲しみが広がり、ツイッターでは「言葉にならない。一生の思い出となるはずの旅行で母親と娘を亡くすなんて・・・」「娘さんが生きていたこと以外何の救いもない。たくさんの人の涙でもどうにもならない」「無念な思いで亡くなられた方々にご冥福をお祈り致します」など、哀悼の思いが多数書き込まれている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中