東北電力、値上げ申請 被災地復興の足かせ懸念

印刷

   東北電力は2013年2月14日、政府に家庭向け電気料金の平均11.41%引き上げを申請した。政府の認可が不要な企業向けは17.74%の値上げ。いずれも、7月からの実施を目指す。

   同日、仙台市で記者会見した東北電力の海輪誠社長は値上げの申請について、「膨大なコスト負担を現行の料金水準で吸収し続けることは極めて困難。大変ご迷惑をおかけし誠に心苦しい」と述べた。

   値上げは、原子力発電所の運転停止に伴う火力発電所の燃料費の増加が主因。東通原発の再稼働は2015年7月、震災の復旧工事が続く女川原発の再稼働は16年度以降になるとし、燃料費は3割増えると見積もっている。

   しかし、被災地ではようやく事業を再開した企業も多く、値上げに反発する声も少なくない。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中