遠隔操作容疑者の男「モテなさそう」 精神科女医のコラムが物議

印刷

   遠隔操作ウイルス事件の片山祐輔容疑者(30)について、精神科医の片田珠美さんが産経新聞サイトのコラムで、「モテなさそう」などと書いて、ネット上で物議を醸している。片田さんは、「非モテの悲哀には共感しており、めげずに恋愛も頑張ったらいいと言いたかった」と説明している。

「世の『非モテ男』に捧ぐ」

   産経のコラム「精神科女医のつぶやき」は、2013年2月14日の23回目がこんな刺激的なタイトルになっている。

サイトでは逮捕前の顔写真まで付ける

   コラムを書いた片田珠美さんは、ツイッターのアカウントによると、大阪市内で精神科医をしている。

   この日のコラムでは、文中で「容疑者の男」としながらも、逮捕前の顔写真を付け、そのキャプションには片山容疑者の名を挙げており、片田さんは、「モテなさそうというのが第一印象」と文中に書いた。さらに、iPS細胞を使った手術をしたとウソをついた「iPS騒動男」についても、「モテそうになかった」と指摘した。「彼が性愛的に満たされていたら、虚言によって自己愛や自己顕示欲を満たそうとするようなことはなかったのではないか」とも言っている。

   片田さんは、「モテないから反社会的行為に走るというのはあまりにも短絡的」と断り書きは入れた。しかし、モテることは、男性の存在価値に関わる一大事のようだと、コラムで主張している。

   例えば、バレンタインデー粉砕デモをするのは、「モテない男の恨みつらみ」に感じられ、AKB48が成功したのは、恋愛禁止で非モテの男の子をつなぎとめたからだと指摘した。

   自らについては、「『精神医学界の沢尻エリカ』と自称するほどの美貌」だとして、自身も同じような悲哀を味わってきたから、非モテに親近感があると書いた。自らの悲哀とは、手編みのセーターは似合わないと若いときに酒の席で言われたといったことだそうだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中