MoMAに「旭日旗イメージ作品」 韓国系住民ら抗議

印刷

   ニューヨーク近代美術館(MoMA)に旭日旗をイメージした芸術作品が展示されているとして、在米の韓国系住民らが現地時間2013年2月17日、抗議行動を行った。

   抗議行動は「平和マラソン」と題され、参加者約10人がニュージャージー州にある旧日本軍従軍慰安婦の碑の前を出発。「(旭日旗は)戦争犯罪の旗」と書いたゼッケンを着て走り、MoMAや日本総領事館、国連の前で作品の撤去を求めた。

   MoMAでは2012年11月18日から、日本の戦後アヴァンギャルドを紹介する「TOKYO 1955~1970:新しい前衛」展を開催中。キュレーターには韓国人のドリュン・チョン(Doryun Chong)氏も名を連ねていた。

   今回問題視されたのは横尾忠則氏の作品で、旭日旗のようなイメージがたびたび登場する。同氏のポスター「新宿泥棒日記」が広報イメージとしても使用されていたのでMoMAの周辺には旭日旗のイメージが印刷されたPR用の旗があちこちに掛かっていたという。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中