JALとANAが「定時到着率」世界一競う 「正確さ」でLCCに対抗

印刷

   世界の航空機の運航情報を分析している米企業が、恒例の「定時到着率」世界一を発表した。2012年実績では日本航空(JAL)が単体ベースで、全日空(ANA)がグループ会社を含めた部門で、それぞれ世界一を獲得。11年はJALがグループ、ANAが単体で世界一で、両社のポジションが入れ替わった形だ。格安航空会社(LCC)に、時間の正確さで対抗したい考えだ。

遅れ15分未満の便を「定時到着」として集計

JAL本社で行われた表彰式。右からJ-AIR山村毅社長、フライトスタッツ社のジェフ・ケネディー社長、JALの植木義晴社長
JAL本社で行われた表彰式。右からJ-AIR山村毅社長、フライトスタッツ社のジェフ・ケネディー社長、JALの植木義晴社長

   調査を行ったのは、米フライトスタッツ社(オレゴン州)。到着予定時刻からの遅れが15分未満の便を「定時到着」として、航空会社ごとにその割合(定時到着率)を集計した。

   ANAは、「ネットワーク・グローバル部門」で、定時到着率85.46%で世界1位を獲得。この部門では、日本トランスオーシャン航空(JTA)といったグループ会社と、提携先の航空会社の便に「JL」「NH」といった自社の便名を付けて販売する「コードシェア便」の実績を加味してグループ全体を評価する。11年はJALがこの部門で世界一だった。

   一方、世界の大手航空会社29社を単体ベースで評価する「メジャーインターナショナル部門」ではJALが90.35%で世界1位に。ANAが2位。JALは09年、10年の2年連続で世界一だったが、11年には僅差で2位になっていた。

   また、欠航率の低さを競う部門が新設され、ANAが0.22%の欠航率で世界一だった。

   アジア地域の大手航空会社を評価する「アジアメジャー部門」も同様にJALがアジア1位、ANAが2位となった。アジア地域航空会社を表彰する「アジアリージョナル部門」ではJ-AIRが92.58%で1位、ANAウイングスが2位を獲得した。

国内航空会社ではスカイマークの遅延が際立つ

   2013年2月19日にはJAL本社でフタイトスタッツ社のジェフ・ケネディー社長を招いて表彰式が行われ、JALの植木義晴社長は

「昨年度来、LCCの参入などによって日本の航空業界も徐々に様変わりし、厳しい環境に突入している。その中にあってJALグループはフルサービスキャリアとして世界最高品質の商品、サービスにこだわり続けてきた」

と述べ、定時性でLCCと差別化することの重要性を強調した。

   なお、国土交通省の統計によると、11年度の国内航空会社の定時運航率(定刻から15分以内に出発した便の割合)は、JALが95.14%、ANAが94.48%、日本トランスオーシャン航空(JTA)が95.43%、スカイマークが80.37%、エア・ドゥが93.19%、ソラシドエアが93.47%、スターフライヤーが93.85%、LCCのピーチ・アビエーションが89.53%。スカイマークの遅延ぶりが際立っている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中