WBC山本監督に一抹の不安 監督実績「10年間でBクラス7回」

印刷

   ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)日本代表の最終メンバーが決定した。3連覇に向けて「侍ジャパン」の戦いが本格的に始まる。

   だが、強化試合で広島東洋カープを相手に完敗して不安を残した。指揮官の山本浩二監督に対しては、「カープ監督時代の10年間でBクラス7回」と、その力量を疑問視する声もくすぶっている。

大枠の方針を決めたら、あとはコーチに任せる

強化試合では惨敗した「山本ジャパン」。イチロー選手が優勝トロフィーを掲げた前回大会に続けるか
強化試合では惨敗した「山本ジャパン」。イチロー選手が優勝トロフィーを掲げた前回大会に続けるか

   WBCで日本は、1次ラウンドで中国、キューバ、ブラジルと対戦し、2位までに入れば2次ラウンドへ進む。このラウンドでも、上位2チームが決勝ラウンドの切符を手にすることができる。1次、2次ラウンドは日本で試合が組まれており「地の利」があるが、短期決戦に国際ルールと通常のプロ野球とは違う戦い方を求められる。現場から離れて久しい山本監督の手腕が問われるだろう。

   早速「けん制球」を投げてきたのは、WBCで日本のライバルとなる台湾の新聞「聯合晩報」電子版だ。2013年2月17日付の記事で山本監督の広島の監督時代に触れ、「予算面で巨人のようなチームに及ばなかったためか、10年間の監督成績は芳しくない。リーグ優勝がわずか1回で、(4位以下の)Bクラスは7回だった」と指摘している。第1回WBCの監督だった王貞治氏は、福岡ダイエーホークス(現・福岡ソフトバンクホークス)で日本一2度、さらに読売ジャイアンツの監督時代と合わせてリーグ優勝4度を経験した。前回「侍ジャパン」を率いた原辰徳監督も、巨人で日本一に3度輝いている。

   山本監督は1989~93年と、2001~05年に広島の監督を務めた。「Bクラス7度」は確かだが、このうち4位だった1992年は首位とわずか3ゲーム差で勝率も5割を超えている。2001年は順位決定で勝利数が勝率より優先された方式だったため4位に甘んじたが、勝率では3位だった。「金持ち球団」とは言えないチームは、監督にかかわらず昨季まで15シーズン連続Bクラス。これで山本監督だけを責めるのは酷だろう。

   スポーツジャーナリストの菅谷齊氏は、山本監督の采配について「ひらめきで投手交代や代打を送るタイプではない」と解説する。自身は大枠の方針だけを立てて、実務面は各コーチに任せるようだ。今日の野球では分業化が進んでいるうえ、「侍ジャパン」は一流選手、コーチが集まっている。監督があれこれ細かく指示する場面は少ないとの見方だ。菅谷氏はまた、巨人の橋上秀樹コーチを戦略コーチに据えた点も注目。データ分析に長けた頭脳派参謀として巨人の日本一を支えた能力を、日本代表の戦い方にも生かせるという。

   「おおらかで人柄がよい」という山本監督であれば、コーチ陣や選手とのコミュニケーションに問題はない。「コーチは仕事をしやすいでしょうが、それだけ責任も重大」と指摘する。

「スモールベースボール」目指すも盗塁王は選考漏れ

   2月20日に決定した最終メンバーを見て菅谷氏は、「小粒だがミスをせず、小技を絡めた『スモールベースボール』を目指すチーム」と考える。しかし落選となった5選手の中には、セ、パ両リーグの盗塁王が含まれた。山本監督は、レギュラーの中に走力のある選手がいる点と、打力が期待できる選手を優先させたいとの希望から判断したようだ。だが選考から漏れた中日ドラゴンズの大島洋平外野手は昨シーズン打率3割超えを果たしており、「外れたのは痛い」。

   山本監督には、短期決戦ならではの柔軟性も求められるだろう。前回大会で原監督は、ストッパーとして選出した藤川球児投手(シカゴ・カブス)の調子がいまひとつと見るや、先発枠だったダルビッシュ有投手(テキサス・レンジャース)を決勝ラウンドで抑えに「配置転換」した。一方、好調だった杉内俊哉投手(巨人)はリードする展開になると中継ぎで連投させている。打撃陣では、イチロー外野手(ニューヨーク・ヤンキース)を不調でも信頼して固定し続けた結果、決勝の韓国戦で優勝を決定づける一打を放った。「山本ジャパン」は2013年になって、実質的には2月17日の広島との1試合しか戦っていない。今後の強化試合や壮行試合、さらには1次ラウンドと進む中で、山本監督が選手の状態を見極め、試合ごとに適材適所で臨めるかがカギになりそうだ。

   その広島戦では、生命線である投手陣が7失点と大炎上、打線もわずか3安打と沈黙した。本戦になれば、登板する投手の球数制限というWBCルールがある。監督をはじめ首脳陣の選手起用だけでなく、先発投手が「いつもと違うルールに戸惑わず、制限がある中で自分の実力をフルに発揮できるかが勝負」(菅谷氏)だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中