富士山入山料徴収の意向 静岡・山梨県両知事

印刷

   静岡県の川勝平太知事と山梨県の横内正明知事は2013年2月23日、世界文化遺産を目指す富士山の環境保全の財源として、早ければ今夏から入山料を徴収する考えを明らかにした。東京都千代田区内で開かれた「富士山の日フェスタ」の会場で記者団の取材に答えた。

   徴収額については今後両県で検討し、「関係者の同意が得られれば早期の試験スタートもある」と述べた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中