フジTV「ひな人形騒動」も批判 銀座の反マスコミデモに約100人

印刷
日の丸・プラカードを押し立て、デモ隊は約1時間東京・銀座を練り歩いた
日の丸・プラカードを押し立て、デモ隊は約1時間東京・銀座を練り歩いた

   マスコミ各社への批判を掲げた「反マスコミデモ」が2013年3月2日、東京・銀座であり、「約100人」(デモの広報担当者)が集まった。

   2011年に起きた反フジテレビデモの参加者が中心になったもので、「朝日新聞を始め大手マスコミが09年の総選挙時、『民主党寄り』の恣意的な報道を行った」と主張、その反省を求めた。また「笑っていいとも!」(フジテレビ系)で「ひな人形を倒すゲーム」が行われたことや、NHKの広報ツイッターがいわゆる「ネット右翼」を指して批判的な投稿をしたことなども、糾弾の対象に挙げられた。

   広報担当だという参加者の男性は「ネット発の意見は、一部の先鋭的な主張もあってしばしばひとくくりに『ヘイトスピーチ』扱いされるが、それは不本意。私たちはあくまで健全な市民としてマスコミのあり方に疑問の声を上げたい」と話した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中