氷室京介さん実家、放火で半焼 元BOφWYメンバーらツイッターでコメント

印刷

   2013年3月11日、群馬・高崎市にあるミュージシャン・氷室京介さん(52)の実家が放火され、半焼する被害にあった。家にいた氷室さんの母は逃げる際に右腕の骨を折る重傷を負ったが、両親とも命に別状はないという。

   事件を知った布袋寅泰さんをはじめ、かつてロックバンド「BOφWY」で氷室さんと共に活動していたメンバーや、ミュージシャン仲間らがツイッターで見舞い、怒りのコメントをしている。

布袋寅泰「御両親が御無事で本当に良かった」

   布袋さんは3月11日、フォロワーから「氷室京介さんのご実家が火事にあってしまったそうです。幸い氷室さんのご両親はご無事だとご報告されたそうです」と知らされ、「御両親が御無事で本当に良かったです。心から御見舞い申しあげます。」とコメントした。

   BOφWYの元ドラマー・高橋まことさんも同じ日に、「ヒムロックの実家が全焼と知りました。お母様の具合が心配です。お大事になさって下さいね。」とツイートしている。

   さらにBOφWYに影響を受けたことを公言しているバンド「GLAY」のギタリスト・HISASHIさんも、パンクバンド「COCOBAT(ココバット)」のベーシスト・TAKE-SHITさんの「放火だったのかよ・・許せない(怒)」というツイートを受け「ヒドいですね!怒」と投稿した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中