韓国の日本製品不買運動、「かけ声倒れ」 メディアも市民も冷ややか

印刷

   竹島(韓国名・独島)問題に端を発する韓国での日本製品不買運動は、結局はかけ声倒れで終わりそうだ。当初から、経済的悪影響を懸念する国内メディアからも冷ややかな目で見られており、市民からもほとんど支持を得られていないというのが実情のようだ。

   不買運動は、「竹島の日」にあたる2013年2月22日に島根県で開かれた式典で、政府が政務官を派遣したことに抗議するのが目的だ。具体的にはマイルドセブン、アサヒビール、ユニクロ、トヨタ、ソニー、ダイソーといった日系ブランドがターゲットにされ、独立運動記念日の3月1日には、社名やブランドロゴが書かれたパネルに生卵を投げつけるパフォーマンスも行われた。

対日貿易依存度高いので「反韓感情を大きく呼び起こす愚を犯してはならない」

   不買運動を呼びかけているのは、小規模個人店主などでつくる「路地裏商店街保護消費者連盟」で、傘下団体や関連団体を含めると約600万人が加盟するとされる。このことから、実際に不買運動が始まる前の段階では、日韓の貿易に少なくない影響を与えるとみる向きもあった。

   この不買運動については、2月末の段階で、韓国メディアからは批判的な声が相次いでいた。例えばソウル新聞は、韓国の対日貿易依存度が高いことなどを理由に、2月27日の社説で

「日本内の反韓感情を大きく呼び起こす愚を犯してはならない。独島を守ろうとする愛国心を悪いとすることはできないが、経済と分離する冷静さだけは失ってはならない」

と説いた。地方紙からも同様の声が出ており、大邱(テグ)市の嶺南日報は

「不買運動を長期的に広げるならば相当な損失を覚悟しなければならない」

と、やはり経済的影響を懸念した。

抗議期間突入しても「日本のタバコとビールが普段と変わらず販売された」

   いざ運動が始まってみると、市民の反応はきわめて冷淡だった。直後の3月3日には、聯合ニュースが、

「ソウル市内のあちこちのスーパーやコンビニエンスストアでは、日本のタバコとビールが普段と変わらず販売された」

と伝えており、消費者や店員も

「日本政府の態度は問題だが、感情的な対応よりも、政府レベルでの合理的な対応を優先すべき」
「ニュースは聞いたが、従業員たちは全く意に介さない雰囲気だった」

と話していたといい、開始直後から全く盛り上がりに欠ける状態だった。

   その後は韓国内での報道も減るばかりで、ニュースサイト「デジタルタイムズ」が3月17日に

「日帝野心の根性を捨てることが出来なかった日本に対して不買運動で対抗すべき」
「このような感情的な対応は、私たちとっても決して役に立たない」

といった韓国のネット上での賛否両論を紹介している程度だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中