「何度押しても消えませんよw(・∀・)」 ツイッターでブラクラ広まる

印刷

   セキュリティーソフト「ウイルスバスター」で知られるトレンドマイクロは2013年3月22日、ツイッター上で「ブラウザクラッシャー(ブラクラ)」の投稿が増えていることを確認したと発表した。

   「hxxp://wi(略)rr.in/real.alaertstorm.html」というURLをクリックすると、ブラウザ上で「今度は何度押しても消えませんよw(・∀・)ニヤニヤ」と書かれたメッセージボックスが表示される。このメッセージボックスはOKボタンをクリックするなどしても消えず、ブラウザが使用できなくなる仕組みだ。ブラウザの強制終了や端末の電源オフ、再起動で解決する。iOSやAndroid OSで前回起動時のウェブページを再表示する設定になっている場合は、本体のブラウザ設定機能で「JavaScript」のオフ、または「キャッシュの消去」を行うことで解決できる。

   トレンドマイクロによると、このブラクラは12年4月頃からツイッターにたびたび登場していたが、13年3月7日頃から突然広まり、3月19日までに300件以上の投稿が確認できたという。深刻な被害にはつながらない単純な仕組みのものということだが、ソーシャルメディア上で流れてくるURLに安易にアクセスすることを戒める事例、としている。

   「ブラクラ」とは、URLをクリックするとブラウザにエラーが起こったり無限に同じ画面が表示され続けたりする迷惑ウェブサイトを指す。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中