日本最古の哺乳類化石、かわいくないけど「カワイイ」

印刷

   兵庫県立人と自然の博物館は2013年3月27日、同県篠山市の白亜紀前期の地層「篠山層群」下部(約1億1200万年前)で見つかった哺乳類の化石の学名が「ササヤマミロス・カワイイ」に決まったと発表した。新属新種の真獣類と認められ、英国王立協会紀要の電子版に掲載された。

   学名の「ササヤマミロス」は発見場所と歯の特徴から、「カワイイ」は同博物館名誉館長で霊長類学者の河合雅雄氏(89)にちなんで名付けられたという。

   下あごの骨の化石(長さ約2・5センチ)など4点が2007年~2008年に発見されていた。全長は十数センチ、体重40~50グラムで、復元画によると口の長く突き出したネズミのような動物だったとみられる。

   真獣類にはヒトなど現在の哺乳類の9割以上が属している。白亜紀前期の化石は世界的に珍しく、国内でも最古という。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中