立川断層帯で東大地震研「誤認」 「見たいものが見えて…」

印刷

   立川断層帯の調査を行っている東京大学地震研究所などの研究チームは2013年3月28日、2月に発表した「活断層を確認した」との見解を撤回した。東京都武蔵村山市での掘削調査で発見された活断層の「証拠」の石が、実はコンクリートと見られる人工物だったことが判明したため。土木関係者からの指摘で明らかになった。佐藤比呂志・東大地震研教授は記者会見で、発見を焦る気持ちがバイアスとなり「『見たいもの』が見えてしまった」と釈明、謝罪した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中