「好きなアナ」は大江麻理子、「嫌い」は田中みな実と安藤優子が競る J-CASTユーザー約1万6000人が1か月かけて選んだ

印刷

   ネットで好かれる女子アナ、嫌われる女子アナとは――? J-CASTニュースでは2013年3月27日から4月25日まで、ネット読者を対象に「好きな女子アナ」「嫌いな女子アナ」アンケートを実施した。

   投票数は合わせて1万6000票に迫った。有名アナ同士の激しいトップ&ワースト争いを制したのは――?

「好きな」はテレ東・大江アナがぶっちぎり

J-CASTニュースが実施した「好きな&嫌いな女子アナ」投票結果(2013年3月27日~4月25日)
J-CASTニュースが実施した「好きな&嫌いな女子アナ」投票結果(2013年3月27日~4月25日)

   まずは「好きな女子アナ」投票結果だが(総投票数7838票)、こちらはテレビ東京の大江麻理子アナ(34)が、全体の21.3%という驚異的な得票を獲得し、ぶっちぎりのトップとなった。2位のフジ・加藤綾子アナ(28)に3倍近い票差をつける圧勝だ。

   大江アナは2007年から出演したバラエティー番組「モヤモヤさまぁ~ず2」をきっかけに人気が急上昇、「週刊文春」の「好きな」投票でも見事1位に輝き、今まさに人気絶頂の感がある。ただし13年4月からはニューヨーク支局に転属しており、「モヤさま」からも降板、多くのファンを嘆かせた。

   大江アナに大差をつけられた「カトパン」こと加藤アナだが、それでも3位以下にダブルスコアをつける7.9%で、役者が一枚違うところを見せ付けた。3位は「モーニングバード!」出演中の赤江珠緒アナ(フリー、38)、同率で夏目三久アナ(フリー、28)、水卜麻美アナ(日テレ、26)の3人が並ぶ。6位は有働由美子アナ(NHK、44)、7位が枡田絵里奈アナ(TBS、27)で、この辺はほとんど差がない団子状態に。ちなみにベスト8までは順位の入れ替わりこそあれ、顔ぶれ自体は前述の文春投票と同じだった。

「嫌い」一番多かったのは意外な選択肢で…

   大江アナ圧勝の「好きな」に対し、「嫌いな女子アナ」(総投票数8038票)は、TBSの田中みな実アナ(26)と、フリーの安藤優子アナ(54)が僅差の争いに。投票開始当初は大方の予想通り(?)田中アナが得票を伸ばしていたのだが、後半に安藤アナが急激な追い上げを見せた。

   最終的な得票率は田中アナが11.9%、安藤アナが10%で、田中アナが逃げ切り。ぶりっ子・田中アナと、一見正反対の硬派キャスター・安藤アナが上位を争うという構図は、報道への関心が強いJ-CAST読者ならではの結果かもしれない。

   3位には7.2%と少し離れて、フリーに転身したばかりの高橋真麻アナ(31)が。以下4位に加藤綾子アナと中野美奈子アナ(フリー、33)、6位に秋元優里アナ(フジ、29)、7位がナインティナイン・矢部浩之さんと結婚したばかりの青木裕子アナ(フリー、30)と続く。

   ワースト10中、フジ・元フジ組が半数以上となる6人を占める。2位の安藤アナもフジ色が比較的強く、ネットの嫌フジ傾向を示していると言えるかもしれない。

   なお、実は最も得票数が多かったのは、「嫌いなアナはいない」(12.7%)。コメント欄でも「そもそもこんなアンケートを企画すること自体間違っている」「もっと有用なアンケートをしろ」とのお叱りを頂戴した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中