糸魚川市「婚活」でユニーク支援 「結婚相談所の入会金すべて払います」

2013/5/ 7 18:42

   新潟県糸魚川市が、結婚相談サービス大手「ツヴァイ」と提携し、結婚を望む市民が入会する際の費用を市が全額負担する「婚活支援」を開始した。

   今では多くの自治体が婚活を促進する事業を運営しているが、糸魚川市のような試みは全国的にも珍しい。

2007年からの婚活事業で18組が成婚

自治体の婚活支援は増えているが、苦戦も
自治体の婚活支援は増えているが、苦戦も

   ツヴァイでは、結婚を考える男女会員に対して、要望に応じて相手を引き合わせる。「お見合い」のほかにもパーティーやイベントを開いて、出会いの機会を提供する。今回の提携で糸魚川市は、同市に1年以上住民登録をしている20歳以上の独身者がツヴァイに入会する際、その初期費用6万3840円を全額負担し、月額料金のみでサービスを受けられるようにした。

   糸魚川市では2007年から、婚活を促進してきた。日帰り旅行や食事会といったイベントや結婚相談セミナーを開催する団体に事業費の一部を補助。男女の出会いのきっかけづくりをする「縁結びコーディネーター」を市民から募集し、成果に応じて謝礼を出している。市の企画財政課に電話取材すると、これまでの取り組みが奏功して18組が成婚に至ったと話した。ツヴァイとの提携で、軌道に乗りつつある婚活事業にさらに弾みをつけたいようだ。出会いの場を設定するだけでなく、結婚までの道のりをサポートするのは簡単ではなく、「専門家に任せた方がよい」という判断もあったという。

   希望者は入会時、「1年以上居住」を証明する住民票を提出する。あとは、市税を滞納していなければ申請の資格が認められる。仮に入会後すぐ他地域に転居した場合でも、支給額を取り消したりはしない。「その人の未来を縛ることはできないので、あれこれ細かな条件はつけていません」と市の担当者は説明する。

   実は、同様の取り組みを2年前に始めた先輩格の自治体がある。和歌山県印南町だ。2011年4月1日から、近畿にあるツヴァイの7店舗を利用する町民に、入会金の全額補助を実施している。糸魚川市の担当者に聞いたところ、今回の実施にあたっては印南町の事例も考慮したそうだ。

   印南町産業課はJ-CASTニュースの取材に、2011年度は4組が支援金を利用してツヴァイのサービスに申し込んだが「結婚したかまでは分かりません」と答えた。一方、2012年の申請者はゼロ。「親からの問い合わせはありますが、本人の申請までにはなかなか結びつきません。もっと多くの人が申し込んでくれるとよいのですが」と話した。

日本で最も住みやすい街に、800万円の一戸建て

    「東洋経済」が発表した「住みよさランキング」No.1の街で、白い一戸建てに住むのも夢じゃない... 続きを読む

PR 2014/8/1

おすすめワード

今旬ワード

スポンサードリンク

がんばろう日本
がんばろう日本
がんばろう日本 詳しくはこちら

他の言語

注目情報

冬にマストなブーツ、2wayクラッチバッグも特別値下げ!

ミニッツで「美術はこ・ん・な・に面白い!」

キラ星☆ルネサンス美術の世界にご案内。作品の背景を知り、作者のメッセージを解き明かそう。

ミニッツシンキング

15のうちチェック数が8つ以上あった人は「気の異常タイプ」です。

ワードスプリング
おすすめワード

【スポンサードリンク】

関連サイト

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット
このページのトップへ
ニュース
トピックス
特集
ひと登場
メディア
経済
ファイナンス
社会
IT
エンタメ
コアラのマーチの天気予報
ワイドショー
てれび見朱蘭
チャンネルGメン
太田総理
エイガ探偵団
おかわり!王様
Eたび
NHK注目
動画探偵社
TVトピックス
「嵐」注意報
深読み週刊誌
ブログウォッチ
深夜テレビ
放送作家日記
ドラマが好き
プロフェッショナル
クローズアップ
海外セレブ
あなたは何派? TVワンクリック
特番
あなたはどっち?アンケート
映画365日
テレビ業界
細木数子
甲子園
記事一覧
グルメ
乗り物
IT・ガジェット
携帯電話
家電
エンタメ
コスメ・健康
ファッション
イベント
トラベル
ライフ
コラム
カス丸
その他
1クリック投票
新着記事
トラブル
社内結婚
ハケン
サイト拝見
新書ちょっと
クラウド
悩み相談
特集
トピックス
29歳の君へ
できるヤツ
世界一蹴
ITとほほ
非サラリーマン
外資系で働く
転職日記
フリーランス
脱メタボ
債権回収OL
アニメ制作
J-CASTニュースについて
編集長からの手紙
創刊のご挨拶
J-CAST ニュースについて
お問い合わせ