村松増美氏死去 日英会議通訳のパイオニア

印刷

   日英同時通訳者の村松増美氏が2013年3月3日に亡くなっていたことが、5月8日までにわかった。82歳だった。

   村松氏は東京生まれで、在日米軍のタイピストから通訳者となった。1956年に日本初の同時通訳者の一員として渡米し、65年に帰国後は会議通訳者集団のサイマル・インターナショナル創設に参加した。

   日本における会議通訳者のパイオニアの1人で、主要国首脳会議(サミット)では75年の第1回ランブイエ・サミットから83年の第9回ウィリアムズバーグ・サミットまで毎回通訳チームの一員として参加するなど、国内外で重要な通訳を数多く担当した。

   2000年にサイマル・インターナショナル顧問を退任後、アジア初の「国際ユーモア学会」に参加し、日本笑い学会理事に就任。01年にはNPO法人「えむ・えむ国際交流協会」(07年解散)を設立し精力的に活動していたが、04年に脳梗塞で倒れ、闘病生活を続けていた。

   日本笑い学会は最近号の機関紙で、村松氏の死を報じている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中