「総理の邪魔するな!」「文化交流は必要!」 首相夫人・アッキー「韓国ミュージカル観劇」に賛否

印刷

   安倍晋三首相の夫人・昭恵氏(50)が、自身のFacebookで「韓国のミュージカルを観た」と報告した。

   これに対し、嫌韓派のネットユーザーが「それはまずい」「やめてほしい」などと怒った。すると、対抗する昭恵氏支持者・親韓派からの意見も寄せられ、コメント欄が盛り上がりを見せている。

自民党総裁選直後は「韓流ドラマ、最近見てない」

昭恵氏の投稿
昭恵氏の投稿

   昭恵氏は2013年5月9日、Facebookで「韓国のミュージカル『カフェイン』を観ました。楽しかったです。」という文章を投稿した。「カフェイン」は、アミューズ・ミュージカルシアター(東京・港区)で5月19日まで上演されている「カフェ・イン~愛は偽り?!~」という作品だ。

   いたって簡潔な投稿だったが、嫌韓派にとっては気に入らなかったようだ。コメント欄に、「ファーストレディー、それはまずい」「心の底からがっかりしました。総理の邪魔をしないでいただきたい」「韓国のミュージカルを見るならば、日本人が地道にやっている演劇などを見て欲しいと思います」など、観劇への批判や疑問が寄せられた。

   昭恵氏は「冬のソナタ」から韓流ドラマにハマり、韓国語でブログを書くなど韓国の文化に傾倒していた時期があった。しかし12年9月、安倍晋三氏の自民党総裁就任直後、週刊誌「女性自身」の取材に対し「韓流ドラマは、最近は見ていないですね」「韓流ドラマ専門チャンネルのKNTVにも入っていてよく見ていましたけど、やめちゃいました」と話していた。

   こうした経緯があり、今回のミュージカル観劇は嫌韓派にとって「裏切られた」という思いもあったのかもしれない。

昭恵氏「すべての人や国と仲良くしたい思いです」

   一方、「ええじゃんか!人類皆兄弟!ええもんは国を超えて良い」「政治的な状況がどうであれ、お互いの文化を理解する努力は継続すべきだと思います」「他国の文化を知ることは他国を理解し尊重し、自国をも尊するのです。首相夫人としてまた私人としても何の問題もないと思います」など、昭恵氏を支持する声も上がっている。

   昭恵氏はこうした意見を受け、13年5月10日、コメント欄に

「沢山のご意見ありがとうございました。真摯に受け止めます。(中略)このミュージカルを観たことも載せないという選択肢もある中で、批判覚悟で載せました。どんなに甘いと批判されようが、すべての人や国と仲良くしたいというのが私の思いです。理想に向かっている私なりのアクションのひとつだとご理解ください。ご批判はいつでも、何なりとお受けします」

と書き込み、自身の考えを示した。

   このコメントに対しても、「現在あなたは私人ではなく総理婦人として軽率ではないですか?国民感情や国際情勢も少しは理解していただきたいと思います」「やはり甘い、お花畑のお嬢さんと言わざるを得ません」「悪いものは悪いと言うのと同様に、良い物であれは良いと言って問題ないと思います。徳を持って行動されようとする、ご夫妻の姿を尊敬いたします」など賛否書き込まれ、盛り上がっている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中