「1年後に賃金増」18%「景気回復実感できない」連合総研調べ

印刷

   「1年後に自分の賃金が増えると思う」と答えた人は18.9%にとどまることが、連合のシンクタンク、連合総合生活開発研究所(連合総研)が2013年4月上旬に実施した、民間企業で働く20~60代前半を対象にしたアンケート調査(勤労者短観)でわかった。最も多かったのは「変わらない」の53.5%。「失業の不安を感じている」との回答も34.6%と依然として多かった。

   連合総研は「景気が上向くと考える人は増えているが、勤労者自身は景気回復を実感できていない。失業不安も依然高い水準で、特に小規模な企業に勤める人や非正社員に多い」としている。

   アンケート結果によると、「1年後の賃金が減ると思う」と答えた人は22.0%。失業不安を「感じない」と答えた人は60.7%だった。1年前より賃金が減った人は26.8%で、増えた人の22.6%を上回った。

   アンケートはインターネットを介して首都圏と関西圏に住む2000人から回答を得た。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中