「トクホ」と誤解招く 炭酸飲料に行政指導

印刷

   消費者庁は2013年5月15日までに、大手飲料メーカーの日本コカ・コーラが4月に発売した炭酸飲料「カナダドライジンジャーエール FIBER8000」の宣伝について、特定保健用食品(トクホ)ではないのに「トクホ」だと誤解させるおそれがあるとして、改善を求める行政指導をおこなった。

   同商品の宣伝では、「トクホ」の飲料などに使われている食物繊維を多く配合したとPR。商品の新発売を「トクホウ」などと表現し、テレビCMはその文字を画面に表示して読み上げるものだったが、それが「トクホ」に聞こえ、誤解をまねくおそれがあったという。

   CMの放送はすでに7日に終了している。

   特定保健用食品「トクホ」の制度は「脂肪の吸収を抑える」「血圧に効果」といった特定の用途を表示できるもので、有効性や安全性、それに表示の内容について国の審査や許可を受ける必要がある。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中