安倍首相「私たち日本人は国旗や写真焼かない」 ヘイトスピーチ制止呼びかけ

印刷

   安倍晋三首相は2013年5月12日、フェイスブックで特定の国などに対する「ヘイトスピーチ」をしないよう呼びかけるメッセージを投稿した。

「中国で日本企業が襲撃されたり日の丸が焼かれても、韓国で日本の指導者の写真が焼かれても私たち日本人はそんな事はしない。冷静に諌め私たちの考えを伝えても、私たちは相手を汚い言葉で罵らない。たとへ相手がやろうとも(原文ママ)。それが私たち日本人の誇りです」

   安倍首相は7日の参院予算委員会で、自らのFBのコメント欄にヘイトスピーチ的な投稿が多く寄せられていることを指摘され、こうした書き込みを控えるよう呼びかけると回答していた。

   一方で安倍首相は直前の投稿で、中国・人民日報の「沖縄の領有権未解決」とする記事に関し、日本マスコミに「問題意識が薄く、ほとんど報道していないところもあります」と注文をつけるなど、「安倍カラー」は依然健在の様子だ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中