三浦雄一郎さん下山にヘリ利用で議論 野口健さん「エベレスト登頂と言える」

印刷

   冒険家の三浦雄一郎さん(80)がエベレスト下山にヘリコプターを利用したことについて、ネット上で登頂成功と言えるか議論になっている。

   「フラフラで歩く幽霊みたい」。三浦雄一郎さんは2013年5月24日深夜、エベレスト山頂からの下山を振り返って、こう報告してきた。

疲労の蓄積とアイスフォール崩落の恐れで

   三浦さんは、23日に頂上に立ったが、この日は17時間、翌24日は13時間もかけて歩いてきた。

   標高6500メートルのキャンプ2で夜を明かし、25日も、13時間以上かけて下りる予定だった。しかし、急きょ予定が変更され、ヘリで標高5300メートルのベースキャンプまで下りることが決まった。

   公式フェイスブックでは、その理由について、三浦さんの疲労が蓄積していることと、氷の滝のようなアイスフォールの通過が危険だったことが挙げられている。三浦さんは頂上でも、これ以上ないくらい疲れていると明かし、倍以上も時間をかけて歩いていた。また、アイスフォールは、気温が上がったため、氷塊が溶け出して崩落する恐れがあったという。

   ただ、25日は天候が悪くてヘリが飛ばず、翌26日になって三浦さんはベースキャンプまでヘリで移動した。

   三浦さんがヘリを使ったことについて、ネット上では、登頂成功と言えるのか意見が分かれている。

   疑問視する向きとしては、「自力で下山して初めて登山完了ですよ」「ヘリで下山とかするなら記録無効だろが」といった指摘が出た。一方で、「海抜0mの場所まで下山するのは無理だし、ある程度下ったのであればいいのではないか?」「登頂には成功してるだろう」といった声もあり、論議になっている。

   ヘリで下山したケースとしては、タレントのイモトアヤコさん(27)が12年9月にマッターホルンに登頂後、頂上から利用したときも賛否が分かれた。

「ベースキャンプまで歩いていかなければならないということはありません」

   このときは、アルピニストの野口健さん(39)が自力下山できないのなら、登山とは言えないのではないかとツイッターで発言して話題になっている。

   では、三浦雄一郎さんのケースはどうなのか。野口さんに取材すると、今度は「登山と言えると思います」と明かした。

「イモトアヤコさんの場合は、現地ガイドが出した条件に沿って、山頂からヘリで下りることが最初から前提になっていました。しかし、三浦さんの場合は、ベースキャンプまで歩いて下りてくるつもりで登っており、結果的に自力で下山できなくなっただけだと思います」

   三浦さんは、過去に心臓手術をしており、これ以上高所にいるのは危ないとドクターストップがかかったとした。テレビ中継などで山頂に1時間もいたのも体調を崩した原因ではないかという。

   また、アイスフォールが崩れると、はしごをかけ直すなどに相当時間がかかるのもネックになったとみる。公式フェイスブックによると、実際にアイスフォールで大崩落があり、ルートの一部がしばらく不通になっていた。

   ただ、自力で下りてくるのが理想でもあり、「本人も心残りだったのではないですか」と言う。ギネス記録などに登山として認められるかについては、「定義ははっきりしない部分があり、意見は出るかもしれませんが、記録は認められると思います」としている。

   日本山岳協会の神崎忠男会長も、野口さんと同様な考え方だ。

「登山界では、ベースキャンプまで歩いていかなければならないということはありません。アイスフォールは危険ですので、ヘリもありだと思います。いずれにせよ頂上に立つことが重要であり、登山として認められますよ。意見が出ないとは限りませんが、その功績は謙虚に受け止めたらいいと思います」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中