総長は辞任、前理事長は居直り… 中央大「入試不正」今なお荒れる

印刷

   中央大学の混乱がやまない。付属中学の入試をめぐり2012年9月に発覚した不正事件が、いまだに尾を引き続けている。

   当事者である久野修慈・前理事長がOB・OG会会長の続投を決めた一方、問題の受験生の入学を差し止めた福原紀彦・総長兼学長は「人権侵害」との批判を受けて辞意を表明する事態に。いったい何が起こっているのか。

入学差し止めは「やりすぎ」「人権侵害」

   問題となっているのは2012年2月、中央大の付属高校である横浜山手中学校(現:中央大学付属横浜中学校)が入試に際し、成績が規定のラインに届かなかったにも関わらず、同大OBの孫である受験生を合格させた事件だ。

   久野理事長は同中学の田中好一校長(ともに当時)に対し、「(OBは)多方面に高額の寄付をしている」「よろしく」などと繰り返し電話し、合格ラインに満たない成績だった受験生を通すよう強く働きかけたとされる。田中校長は理事長からの圧力を受け、校内会議で強引に問題の受験生を合格者の中に入れ込んだ。

   対して後から事実を知った福原総長は、この不正を理由に合格を取り消すように同中学に求めた。結局、入学1か月前の3月になって同中学では合格を撤回した。

   9月に新聞報道で問題が発覚、翌10月に久野理事長は「不正入試事案に関与したにもかかわらず、その責任を認めず、学校法人中央大学理事会をはじめとする学園全体を混乱させた」として解任され、田中校長も11月30日付で辞任するに至っている。

   以後、メディアもほとんど触れることがなくなったこの問題だが、実は火種は依然としてくすぶっていたらしい。ここに来て、福原総長が辞意を表明したのだ。中央大広報室によれば5月25日の評議会で足立直樹理事長が、福原総長が学園全体の代表である総長職から降りる意向を明らかにしたという。

   不正に反対した立場の福原総長が、辞任に追い込まれたのはなぜか。産経新聞が報じたところでは、福原総長が指示した「入学取り消し」に対し、「やりすぎ」との批判が学内から出たためだという。事件後に大学が設置した第三者委員会も、入学取り消しは「重大な人権侵害」と批判しているとされる。

   確かに最大の「被害者」は不正の事情を知らなかった受験生であり、その点では福原総長は批判を免れ得ない。しかしそれにしては、責任を取るのがいささか遅い感もある。

前理事長「不正入試はどこでもやっている」

   一方5月18日、この問題の最大の当事者である久野前理事長は、中央大のOB・OG会である「学員会」の会長に再選されている。

   元々、久野前理事長は大洋ホエールズ(現・横浜DeNAベイスターズ)球団社長など実業畑を進み、理事長就任以前(2007年)から学員会の会長を務めてきた。理事長辞任後も会長職は続けていたが、5月いっぱいで任期満了を迎える予定だった。

   18日の協議員会・総会に出席していた作家・ジャーナリストの東山凛太郎さんは、その日の模様をこう証言する。

「大騒動ですよ。謝罪の言葉もなく、『不正入試はどこでも行われている』『正しいことをした』と言い張ったんですから。再選にも出席者400人弱中147人の賛成しかなく、多数の出席者が反対の声を上げて詰め寄ったんですが、強引に通してしまいました。大学の健全化を期待するOBの一人として、情けなくて涙が出てきます」

   久野前理事長は12年10月の記者会見で「理事長解任は違法」と主張するなど、この問題に関して強硬姿勢を崩していない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中