何これ…珍香水「少女の頭皮の匂い」 甘いのか?臭いのか?実際にかいでみた

印刷

   香水と一口に言ってもいろいろあるが、なんと現代日本には「少女の頭皮の匂い」なる変態的、いや個性派の香水がある。

   ツイッターで2013年5月後半ごろから話題になり、例のごとく「日本はどこに向かってるんだ」と人々をあ然とさせている。

ロリータの甘い香りを「完全再現」

「少女の頭皮の匂い」(Tamatoys)と姉妹品。世の中は広い……
「少女の頭皮の匂い」(Tamatoys)と姉妹品。世の中は広い……

   発売元のTamatoysは、これまでにも男性向けに「エロ系」の香水を多数世に送り出している、知る人ぞ知るメーカーだ。しかしそれにしても、「少女の頭皮」のマニアックさは群を抜く。いったいどんな人が、どんな用途に使うのか。

   「頭おかしい」「日本オワタ」と評判のこの香水だが、それにしてもいったいどんな香りがするのか。いい匂いがするのか、それとも臭いのか。あと本当に「再現」できているのか。記者はただちに現物を入手した。

「甘酸っぱい少女の香りにドキドキ 少女の頭皮の匂い」
「注意:リアルな匂い」
「少女を抱きしめた時に香る甘い頭皮の匂い ロリータの頭皮の匂いを完全再現」

   そんなキャッチフレーズが踊るパッケージには、髪を2つに束ねた幼い少女のイラストが。どうやら「匂い」のモデルは、かなり幼い少女らしい。

   さて、中身のほうは細長い容器に入った、無色透明の液体だ。果たしてその匂いは――。

ちなみに「足の匂い」もある

   ……甘い。甘い香りだ。どちらかというとキャラメルなど、お菓子を思わせるような香りというべきだろうか。なおも繰り返しかいでみる。頭皮――といえば確かに、そんな感じの匂いがしないでもない。果たしてそれが「少女の頭皮」なのかどうかは――まあ、それはロマンの範疇といったところか。ちなみにお値段は約800円。

   ちなみに購入した秋葉原の大人のおもちゃ屋さんでは、他にも同様の製品がいくつか売っていた。まずは少女とは逆の路線で、「人妻の匂い」。「オンナ盛りのエロフェロモンがたっぷり」とうたっているが、かいでみると意外と香りはさわやか。ただ「人妻」かどうかはよくわからない。

   強烈だったのは「女子校生の足の匂い」だ。パッケージには、足をこちらに突き出す少女が描かれている。かわいいが、足の匂いは足の匂いだ。覚悟を決めてかぐと――あ、これは臭い。再現度はとにかくかなり「えぐい」匂いで、まともに鼻に入れると一瞬くらっと来る。「フェチ」の人にはたまらないのかも知れないが……こちらは記者には少々ハードルが高いようだった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中