ホットスポットにモリアオガエル繁殖【福島・いわき発】

印刷
news_p176566_1.JPG

   いわき市川前町の"スーパー林道"(広域基幹林道上高部線)をたまに利用する。夏井川渓谷の牛小川(小川町)から山中の荻(川前町)まで14キロ。アップダウンとカーブが続く。終点近くの待避所に珍しい看板が立っていた(=写真)。


   原発事故から3カ月後、震災見舞いを兼ねて放射線量を測りながら、"スーパー林道"経由で田村市の実家へ帰った。2年後の5月2日、同じルートを、やはり放射線量を測りながら通った。そのなかで目に留まった「モリアオガエル生殖地」の立て看だ。


   阿武隈の山中では別に驚くことではない。川内村の平伏(へぶす)沼はモリアオガエルの繁殖地として国の天然記念物に指定されている。"スーパー林道"から少し行けば、もうそこは川内だ。林道の山の向こう、小川町・戸渡(とわだ)にもモリアオガエルが生息する。水たまりがあって、周囲に雑木が茂っていれば、モリアオガエルは繁殖する可能性が高い。


   林道での生殖を喜ぶべきかどうか。待避所にはロープが張られていた。が、アスファルト路面には落ち葉がたまっているだけだ。


   それよりなにより、"スーパー林道"は放射線量が高い。2年前は毎時2マイクロシーベルト近くあった。今も場所によっては1.8マイクロシーベルトを超える。山の向こうの旧戸渡分校は、いわき市内に475カ所あるモニタリングポストのうち、いつも最大値(今は0.47程度)を示す。


   事故を起こした福島第一原発は北東の方角にある。グーグルで見ればすぐそこだ。地形と風向きがホットスポットをつくった。モリアオガエルたちも嘆き、苦しんでいるに違いない。

(タカじい)



タカじい
「出身は阿武隈高地、入身はいわき市」と思い定めているジャーナリスト。 ケツメイシの「ドライブ」と焼酎の「田苑」を愛し、江戸時代後期の俳諧研究と地ネギ(三春ネギ)のルーツ調べが趣味の団塊男です。週末には夏井川渓谷で家庭菜園と山菜・キノコ採りを楽しんでいます。
■ブログ http://iwakiland.blogspot.com/

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中