LTE通信障害で700円減算、iPhone5は下取り検討 au

印刷

   auを運営するKDDIは2013年6月10日、4月下旬と5月下旬に複数回起こしたLTEでの通信障害や通話の障害で、メールや電話ができなかった利用者に対し、料金の請求から一律700円を差し引くと発表した。また、iPhone5の広告虚偽表示問題に絡み、端末買い替え時の下取りサービス導入を検討しているという。

   通信障害は4月17日と5月29日、30日に東京、神奈川、山梨の1都2県の一部で発生し、ネット接続やメールの送受信ができなくなった。5月29日には通話の障害も併発したが公表されたのは6月4日だった。

   減算は、通信や通話の履歴を分析したうえで、対象者に6月末までにメールで通知する。あわせて、今年度中に通信障害の対策として300億円を投資して、制御装置を増強する。

   また、同社ではiPhone5などの端末を買った人が端末を買い替える際に、下取りを検討しているという。

   同社ではiPhone5でLTEが使える地域を実際より広く表示したとして、5月に総務省から行政指導を、消費者庁から措置命令を受けた。購入者からの契約無効等の訴えには応じておらず、不満の声が上がっていた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中