秋元康「60歳で引退すると思う」 ラジオ番組で明かす

印刷

   作詞家でAKB48プロデューサーの秋元康氏(55)が2013年6月16日、放送作家の小山薫堂さん(48)が司会を務めるラジオ番組「ジャパモン」(TOKYO FM系)に出演した。

   秋元氏は6月8日にフジテレビ系で生中継されたAKB48選抜総選挙が高視聴率を記録したことについて、「どうしたもんかなと思っちゃう。僕たちは企画やキャスティングを必死で考えても視聴率が取れないのに、単に女の子がファン投票やって、数字取っちゃうんだから」「何だテレビって!今までやってきたことは何だったんだろうって」と冗談交じりに語った。HKT48の指原莉乃さんが1位となったことについては、「それぐらい色んな人にチャンスがあるのはいいこと」としつつも「指原が1位になってどういう曲作るか…」と悩んでいることも告白した。

   現在ほとんどの48グループの楽曲の作詞を担当しているが、「そろそろ人に任せたい」と話し、「僕はもう60歳で引退すると思う」とも明かした。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中