「体調不良」矢口真里コラムも休載 レギュラー番組も全部消えで露出ゼロに

印刷

   矢口真里さん(30)の「体調不良」はよほど深刻らしい。すでに1か月近く公の場に姿を見せておらず、とうとう文章仕事のコラムまで休載になってしまった。

   休載が明らかになったのは、雑誌「週刊ファミ通」(エンターブレイン)で連載している「ゲーマーです。」。2009年以来4年間続く長寿連載だ。

いっそ「逃げ切る」のも手か?

矢口真里さん、復帰はいつになるのか(2008年撮影)
矢口真里さん、復帰はいつになるのか(2008年撮影)

   不倫・離婚騒動以来、矢口さんは体調不良を理由に「雲隠れ」を続けている。そんな中でも「ファミ通」の連載だけは続いており、矢口さんにとっては唯一のメディア露出となっていた。

   しかし2013年6月27日に発売される最新号では、体調不良による「準備不足」を理由に、コラムが休載となることが、20日発売号で告知された。

   矢口さんは5月30日の離婚発表以来、すでに「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)など3本のレギュラー番組から降板している。このうち矢口さん自身がメイン司会だった「アメーバスタジオ 女子力cafe~やぐちんげーる~」(ネット配信)にいたっては、番組自体が終了に追い込まれてしまった。「ジョブチューン」(TBS系)、「福島をずっと見ているTV」(NHK Eテレ)の2本は今のところ籍が残っているが、こちらも出演は見合わせ中だ。このほかCMの降板、ディナーショーの延期などもすでに判明している。

   矢口さんは、これからどうすればいいのか。お笑いコンビ「平成ノブシコブシ」の吉村崇さんは23日放映の「サンデージャポン」(TBS系)で、

「ここまできたら、もうとことん出ないで逃げ切ったほうがいいと思うんですよ。都市伝説みたいになっちゃうまで」

と冗談交じりのアドバイスを送った。スタジオは大受けだったが、もはやそんな「失踪」論が、冗談に聞こえないのが現状だ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中