黒田勇樹「誰か僕を300万円で買ってください」 酒が手放せないダメ人間ぶりを告白

印刷

   「誰か僕を300万円で買ってください」―――元俳優で、現在はハイパーメディアフリーターを名乗る黒田勇樹さん(31)がテレビ番組でそう訴えた。ネットでは「黒田のダメ人間っぷりがハンパない!」などと話題になっている。

   300万円はかつての所属事務所に返していない借金で、これがネックになり別の事務所に移籍ができない。仕事はあるにはあるが、朝から酒を飲んでいるため「酒気帯び労働」になっている。こんな風に自分がなってしまったのは子役時代の栄光が影響している、などと語った。

常に酒を口にしては布団に沈み込む生活

   黒田さんは2013年7月4日放送のフジテレビ系トークバラエティー「アウト×デラックス」に登場し妙なハイテンションで話し始めたが、その目は赤かった。緊張したせいようにも見えたが、実は常に酒が手放せない状態で、この日はテレビの収録があるため3時間前から酒を控えていたと語った。

   黒田さんは1歳から芸能活動を始め、1988年にNHK大河ドラマ「武田信玄」に子役で出演し、俳優デビューした。ここから一躍スターダムにのし上がり、映画、テレビ、舞台で主役を務め天才子役の名を独り占めにする。

   98年の山田洋次監督作品「学校III」では日本アカデミー賞新人俳優賞など数々の賞を受賞した。2000年頃から大人の役に移っていったが、子役時代ほどの輝きはなく、次第に出演本数も減っていった。

   俳優を辞めたきっかけは、27歳のときに体を壊し舞台を降板してしまい仕事が激減。所属事務所から契約の更新ができないと言われ「引退します。外の世界を見てきます」と答えたこと。それが3年前で、肉店のバイトなどをしたが続かず、12年8月の結婚後もDV問題で騒動になり1年も経たずに離婚。自殺未遂までしてしまいどうしたらいいか分らない時期が続き、常に酒を飲んでは布団に沈み込むようになったと黒田さんは明かした。

「自分を誤魔化すために酒を飲んでいる。ギャンブルをやっている」

   なぜこうなってしまったのか。黒田さんは、

「マコーレー・カルキンからの系譜ですよね」

と説明した。カルキンは大ヒット映画「ホームアローン」の主演子役で、将来が嘱望された。しかし、未成年飲酒のほか、薬物、マリファナの所持などで逮捕され、俳優への復帰は絶望などと言われた。それと自分が重なるというのだ。

   酒を常に飲んでいる理由について、

「自分が全盛期のときの刺激が、一番多感な頃の刺激がもう感じられないから、どうにか自分を誤魔化すために酒を飲んでいる。ギャンブルをやっている」

と明かした。子役の時にはスポットライトを浴び大歓声を浴びる刺激に溺れていた、ともいう。

   黒田さんは今、ゴールデン街のバーテンダーやウェブサイトの記事を書くことで生活している。そして、映画出演や、演劇学校の教師、映画監督の依頼が来るようになり、そうした仕事の時だけは体が動く。ただ、子役の頃の感覚が蘇ってしまいブレーキが掛かるが、「何をやっているか分らないほど命懸けでやる」ことで乗り越えていると話した。番組の司会の矢部浩之さんが、黒田さんに対し、完全復活も近いのかと聞くと、

「今は(自分の)イメージが悪いんで。前の事務所に(300万円の)借金があるし、それを返さなければ他の事務所に移れない。誰か僕を300万円で買ってください!!!」

と訴えた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中