鳩山元首相がモノマネ芸人との共演を約束 「何をやるんだか、わからないけど、やるぞー」?

印刷

   国外での発言が問題視されることも多い鳩山由紀夫元首相の発言が、さらに自由奔放さを増している。

   2013年7月11日夜、携帯電話向け放送局「NOTTV」のバラエティー番組「エンダン」に出演し、実はツイッターをほとんど活用していなかったことを暴露。幸夫人と結婚した経緯が「略奪愛」だと報じられたことについても「『いい言葉だな~』って思った」と満足げに振り返り、アダルトビデオについては「まったく見ないわけはない」とも明かすなど、終始暴走気味だった。

「みんなと会うと『何か新しいこと言ってやろう』と思うわけ」

首相在任時の鳩山由紀夫氏。発言の「ぶれ」が批判された
首相在任時の鳩山由紀夫氏。発言の「ぶれ」が批判された

   番組では、首相在任時のツイッターの活用が話題になった。ところが、鳩山氏は、

「今日をきっかけに、ちょっとツイッターのやり方を学んで…。おかしいな?」

と、とぼけた様子。司会者が

「じゃあ、誰がやってたんですか?」

と突っ込むと、

「毎日1回はやってたんですよ」

と釈明したものの、決して日常的に活用していたわけではなさそうだ。このやり取りの末に鳩山氏が書き込んだツイートが、

「今から何をやるんだか、わからないけど、やるぞー」

という内容。ネット利用者からは、大量にリツイート(転送)された。

   自らの発言が「ぶれた」とメディアから批判されたことへの恨み節も口にした。

「集まって楽しいことやってるでしょ?それつままれ(編集され)ちゃうんだよ。『こんなこと言った』って。それが記事になんの」
「『それ言ってない』って言うと、『鳩山ぶれた』みたいになって」
「私もね、人がいいでしょ?いつもそれで、みんなと会うと『何か新しいこと言ってやろう』と思うわけ。そうすると、『前と違うこと言ったな。ぶれてんじゃないか』って…。戻すと『またぶれた』って言われる。段々言いたくなくなっちゃうよね」

「『略奪愛』は『いい言葉だな~』って思った」

   妻の幸さんと結婚した経緯についても自ら切り出した。

「人の女房だったですからね。知らないの?」

   この「略奪」という言葉も気に入っている様子で、当時の様子を満足げに振り返った。

「(留学先のスタンフォード大から)サンフランシスコとか滅多にいかないから、行ったときに世話になっていたら、仲良くなってたんですよ。そしたら、(当時の夫と)『別れる!』とか言い始めて…。それで、政治家になったときにテレビ見てたら、最初に使われたのが『略奪愛』。『いい言葉だな~』って思ったけど…。(言い直したように)そうでもないんですけど、略奪、しちゃったんです」
「普通の男性は未婚の女性から選ぶ、それが普通ですからね。でも、『おれはすべての女性から選んだぞ!』とか言って…」

   視聴者の質問にも次々に答えた。就職の悩みについては、

「就活すれば、どこでもありますよ。贅沢で、『こういう仕事はやだ』とか決めてるからでしょ?」
「就職というのは、自分で仕事をつくったらいいと思うんだよね」

と突き放した答え。

「AVとか見ますか?」

という視聴者の質問には

「アダルトビデオね。そりゃ、まったく見ないわけはないね」

と応じ、

「ありがとうございます!」

とスタジオは大盛り上がりになった。

「おふくろさん」をカラオケで熱唱

   芸能分野にも興味を示しているようだ。森進一さんの「おふくろさん」をカラオケで熱唱し、

「おふくろが死んじゃったんだよね、この2月に。それから初めて歌うよ、この歌」

とこぼした。番組のスタジオには、鳩山氏のモノマネで知られたお笑い芸人の鳩山来留夫さんも登場。

「先生の支持率とともに、お仕事減りましたから」

とぼやく来留夫さんに対して、由紀夫氏は

「迷惑かけたからね~」

と言いながら「公認」。漫才での共演も決まった。

   鳩山氏のツイッターの

「今から何をやるんだか、わからないけど、やるぞー」

という一見意味不明な書き込みは、実はこの共演のことを指していたという見方もあるようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中