作者が「ハリポタ」著者と分かった瞬間に 売れない小説がアマゾン1位に急浮上

印刷

   イギリスで1500部しか売れていなかった新人作家の小説が、ある日突然、アマゾンの売り上げランキング1位に浮上し、品切れを起こす事態になってしまった。

   実はこの小説、児童文学の金字塔「ハリー・ポッター」シリーズの著者JK・ローリング氏が変名で書いたものだったという。

「これがデビュー小説とは信じがたい」と書評がつく

アマゾンランキングで1位を獲得
アマゾンランキングで1位を獲得

   新人作家ロバート・ガルブレイス氏による探偵小説「The Cuckoo's calling」は、戦争で片足を失い精神的にもすさんだ元軍人の私設探偵コーモラン・ストライクが、ロンドンを舞台にスーパーモデル自殺の謎を追う筋書きだ。2013年4月に刊行され、デビュー作ながら英語圏の各紙で「すばらしい作品で、次回作が待ちきれない。コーモラン・ストライクがあまりにも魅力的で、これがデビュー小説とは信じがたいほどだ」「最初に犯罪小説にハマッた時の気持ちを思い出した」などと好意的な書評が掲載された。

   「著者略歴」によると、ガルブレイス氏は数年間ロイヤル・ミリタリー・ポリス(RMP)に従軍した後、RMPのいわゆる背広組・特別捜査部(SIB)に転属、捜査官としてキャリアを積んだ。2003年に軍を辞してからは、民間のセキュリティー産業に身をおいていた。主人公のキャラクターは自分自身や軍の友人が民間に戻った後の体験を元にしている、という。

   この本が現地時間2013年7月15日、突然、Amazonの売り上げランキングで順位を5000位以上あげ首位に躍り出た。電子版でも同様で、「iTunes Book chart」のトップにつけた。

   あまりの躍進に米アマゾンでは品切れを起こし、現在入荷まで1週間から3週間かかるようだ。出版社によると、増刷をかけている最中だという。

「もう少し秘密のままにしておきたかった」とJKローリング氏

   いったいなぜ無名の新人作家がバカ売れしたのか。実は、ガルブレイス氏の正体は「ハリー・ポッター」シリーズの作者JK・ローリング氏であると、現地時間14日に英サンデー・タイムズ紙がすっぱ抜いていた。オックスフォード大学教授の解析によりわかったことで、ローリング氏本人は取材に対して変名の使用を認め「もう少し秘密のままにしておきたかった」「ロバートであることはとても自由な体験でした」などと話したという。

   急上昇はこのニュースを受けたものだったらしい。英BBCによると、14日のある1時間で、アマゾンでの「The cuckoo's calling」の売り上げは、50万7000%も伸びていた。

   有名作家が変名で作品を発表することはよくあるが、これだけ騒ぎになっているのは、スティーブン・キングがリチャード・バックマン名義で本を出していたことを1980年代後半に認めた時以来という。

   なお、コーモラン・ストライクを主人公としたロバート・ガルブレイス氏の次回作はすでに執筆中で、来年にも刊行される。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中