海江田代表は辞任否定 民主「後継」のカードがない!

印刷

   2013年7月21日投開票の参院選で、民主党は改選44議席から半分以下の20議席を割り込む情勢で、1998年の結党以来最低の01年の26議席を大きく下回ることが確実になった。今後焦点になるのは海江田万里代表の進退だ。

   本人は同夜、「まだまだ民主党が信頼を得るための努力は道半ば。その努力を続けたい」と続投を表明したものの、今後党内から責任を問う声が出るのは必至。ただ、取りざたされる後継者候補も一長一短。「なり手不足」が今の民主党の苦境を象徴していると言えそうだ。

枝野、前原両氏、今回は代表戦回避?

民主党の海江田万里代表は続投を表明(写真は2013年6月25日のマニフェスト発表会見)
民主党の海江田万里代表は続投を表明(写真は2013年6月25日のマニフェスト発表会見)

   週刊誌報道などで比較的有力視されているのが、岡田克也元代表や馬淵澄夫元国交相だが、地元の三重と奈良では、民主党の候補者が落選。

「地元候補者も当選させられない人が党をまとめられるのか」

といった声も出そうだ。枝野幸男元官房長官や前原誠司元国交相については、民主党への逆風が党分続くとみられることから、

「今回は代表選を回避する」

との見方もあるという。

   細野豪志幹事長は、今回の参院選惨敗の「戦犯」として批判されるのは確実で、次期代表の目はないとの見方が有力だ。

蓮舫、辻元清美説も浮上

   女性の名前も取りざたされている。与党時代にメディア露出が多かった。蓮舫・元行政刷新相と辻元清美・元国交副大臣だ。

   ただ、蓮舫氏には

「下野の禊ぎが済んでいない」

との評もある上、輿石東参院幹事長と距離があるとされることから、参院での支持は望めなさそうだ。

   辻元氏には

「社民党から移籍してきた『よそ者』」

という評判もつきまとう。

   自民党は07年の参院選で惨敗しているが、当時の安倍晋三首相(第1次内閣)は続投している。このことを根拠に海江田氏も当分続投する可能性があるが、執行部の責任を問う声が収まるとは簡単には考えにくく、「海江田おろし」の圧力の中で党運営を余儀なくされることになる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中