参院選、自民・公明で135議席確定 「ねじれ」3年ぶり解消

印刷

   第23回参院選が2013年7月21日投開票され、自民党が小選挙区と比例区を会わせて65議席を獲得し、改選前の34議席をほぼ倍増させた。31ある1人区では29議席を獲得し、複数区でも取りこぼしがない「完勝」状態となった。公明党の10議席(改選前11)と非改選議席(121)とを合わせると自民・公明で135議席を獲得し、過半数(121)を上回った。これにより、衆参の多数派が異なる「ねじれ」状態が3年ぶりに解消された。

   民主党(改選前44)は17議席しか獲得できず、結党以来最低だった01年の26議席を大幅に割り込んだ。投票率は52.61%だった。

   20人の候補者が乱立し激戦となった東京選挙区(改選数5)では、現職の丸川珠代氏(自民)と党代表を務める現職の山口那津男氏(公明)が早々と当選を決め、反自民・反民主の受け皿になった新人の吉良佳子氏(共産)、反原発を主張する無党派に支えられた新人の山本太郎氏(無所属)が続いた。5番目には現職の武見敬三氏(自民)が滑り込み。現職の鈴木寛氏(民主)は涙を飲んだ。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中