ファミマの隣にファミマが出来た 玉川学園駅周辺は超激戦区??

印刷

   高密度多店舗出店など各社独自の出店戦略でしのぎをけずるコンビニ業界に珍事が勃発した。

   「ファミマの隣にファミマができた」のだ。

   一体何があったのか。

「ファミマ何がしたいのこれw」「玉学ファミマ激戦区w」

ファミマが二軒並んでいた(2013年7月22日撮影)
ファミマが二軒並んでいた(2013年7月22日撮影)

   「なんか新しく店が出来るみたいだぞ。ファミマのとなりだからコンビニじゃないだろう、と思っていたらファミマだった」――こんな投稿が2013年7月19日、ツイッターで複数出回った。添付された写真を見ると、書かれている通りファミリーマートが隣り合っている。

   どうやら騒がれているのは、小田急沿線の玉川学園前駅南口店と玉川学園店らしい。いったいなにが起こっているのか、記者が足を運ぶと、確かにそこには2軒のファミリーマートが並んでいた。ただ、1軒はまだ工事中で、営業しているのは玉川学園前駅南口店のみだった。

「ファミマ何がしたいのこれw」「ローソンorファミマが近くにあるのにセブンが出来たってのなら幾つか見かけたけど、この展開は…w」「玉学ファミマ激戦区w」

   ネットでは、いったいなぜファミマがすでにあるところにもう1軒ファミマをつくるのかと疑問の声が相次ぎ、「本部によるフランチャイズ潰しか?」との陰謀論まで飛び出した。

   実際の現場でも、ちらちらと2軒のファミマの前に足を止めてみたり「なんでまたファミマできたの」と首をかしげたりする人が少なくない。

   なお、「玉川学園前駅南口店」の店員によると、今後新しく出来る「玉川学園店」に移転するそうだ。現在はその過渡期なため、2軒のファミマが並んでいる不思議な光景ができたということらしい。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中