東大、合格者掲示を2016年まで中止

印刷

   東京大学は2013年7月24日、来年から3年間の入試の合格発表について、本郷キャンパスでの受験番号の掲示を中止すると発表した。合格者への通知はホームページや電子郵便で行う。受験シーズンの風物詩ともいえる合格者の胴上げが見られなくなりそうだ。

   東大によると、本郷キャンパス(文京区)の図書館工事が2016年の春頃まで予定されており、これまで掲示場所であった弓道場前が資材の搬入経路になるためだという。

   学内で代替地を検討したが、数百人を超す人が行き来できる場所を確保できなかった。4年後に掲示を復活させるかは、工事が終了してから検討するという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中