長谷川洋三の産業ウォッチ
東芝副会長の強気発言:重電・インフラ製品は付加価値が付けやすい

印刷
「円安やリストラの影響で電機業界も少し落ち着いてきた。これからは本格的にもうかる高付加価値商品の開発に力を入れる時だ」

   東芝の佐々木則夫副会長(日本経団連副会長)は2013年7月24日、経団連幹部とマスコミ各社との懇談会で業績回復を背景に強気の発言に終始した。

   電機業界では2012年3月期の業績発表で家電メーカーを中心に軒並み赤字決算となり、パナソニックが本社従業員の半減発表をしたパナソニック・ショックが業界を駆け巡った。しかしいち早く薄型テレビやパソコンなど円安デメリット分野の構造改革に取り組み、原発や社会インフラで安定収益源の確保にメドをつけた東芝では利益の安定確保が続いている。

   「家電と自動車の一番違うところは家電には安売り店があるのに自動車はディーラー制度により安売りがないことだ。原子力発電所などの重電・インフラ製品は1品1品を丁寧に作る擦り合わせ型のモノ作りなので付加価値も付けやすい」と強調する。

   東芝では傘下のWHを含めると世界の原子力発電所の市場シェアが28%に達し、「独自の標準化を進めることもできる」という。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中