チャゲアスのASKA「薬物吸引ビデオ」で脅される!? 週刊文春が報じる

印刷

   「シャブ&飛鳥の衝撃」―2013年8月1日発売の週刊文春に、こんな衝撃的な見出しの記事が掲載されている。

   現在活動休止中の音楽ユニット「CHAGE and ASKA(チャゲアス)」のASKAさんが深刻な薬物中毒で、薬物を吸引する様子を盗撮したビデオをネタに暴力団関係者からゆすられているというのだ。衝撃的すぎて、にわかには信じられない内容だ。

復活ライブ延期も薬物問題が原因?

   ビデオの内容は、病的に顔がむくんだASKAさんが、白い結晶のようなものをパイプに入れ、ライターであぶって煙を吸引。ASKAさんに結晶が入ったビニール袋を渡したある男が「あのさあ、もうそろそろ、いいんでないかい。シャブはもうやめたほうがいいっしょ。体ほんとに、ボロボロになっちゃうよ」とASKAさんに語りかけている、というものらしい。

   ビデオが流出した理由は、ASKAさんと同級生で、薬物を融通していた暴力団関係者と取り引きをめぐってトラブルになり、怒った関係者が隠しカメラを仕込んでASKAさんの元に乗り込んだ。関係者は13年3月頃、盗撮ビデオを使ってASKAさんをゆすろうとしたが、その交渉も上手く行かなかったという。

   文春の記者はASKAさんを直撃、そのやり取りも掲載されているが、支離滅裂さをうかがわせるものだった。

   チャゲアスは09年、「ソロ活動を充実させる」という理由で無期限の活動休止を発表した。13年1月に活動再開を発表し、8月に7年ぶりのライブを行う予定だったが、ASKAさんが「一過性脳虚血症の疑い」と診断され、開催延期となっていた。実はこのライブ延期も、薬物使用をとがめたCHAGEさんとASKAさんの間でトラブルがあったため、と書かれている。

   ただ、文春の記事が事実とすれば、音楽業界を揺るがす前代未聞の大事件だ。チャゲアスの所属事務所に事実確認を申し入れたが、担当者不在ということで話は聞けなかった。

(13年8月2日追記)その後、所属事務所はチャゲアスの公式サイトで「報道の内容は事実に反しており、大変遺憾です。弊社としてはこれらの報道に対し、厳重に抗議いたします。」とのコメントを発表した。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中