竹内実氏が死去 現代中国研究の第1人者

印刷

   現代中国研究の第1人者で京都大学名誉教授の竹内実氏が2013年7月30日、京都市内の病院で亡くなった。90歳だった。

   中国山東省で生まれ、戦後に京大で中国文学を専攻した。京大人文科学研究所教授や同所長、立命館大教授などを歴任した。

   1960年に毛沢東と会見し、文化大革命を批判的に考察した「毛沢東に訴う」や共著「毛沢東 その詩と人生」など毛沢東研究でも注目された。そのほか「魯迅遠景」など著書多数。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中