フジに「放送倫理上問題」 大津いじめ事件加害生徒名流出で

印刷

   BPO=放送倫理・番組向上機構委員会は2013年8月9日、大津市でいじめを受けた中学生が自殺した問題を巡るフジテレビのニュース報道で加害側生徒の実名が流出した問題について、「放送倫理上問題がある」という見解を示した。

   加害側生徒とその母親による、プライバシーを侵害されたなどとする申し立てを受けたものだ。

   フジテレビは12年7月中旬、夕方のニュース番組「スーパーニュース」内で、自殺した中学生の両親が起こした損害賠償訴訟の書面とされる映像を放送した。

   書面には加害者として遺族から裁判を起こされた少年の名前が掲載されていた。放送時間は2秒弱と短かく、通常の視聴では名前は判別できないものの、静止画にすれば読み取り可能な状態だった。そのため、加害少年の実名がインターネット上に拡散した。

   これについて、BPOの放送人権委員会は「少年の名前はテレビを普通に見ているだけでは読み取れないが、録画された静止画像では判読できた」と指摘。その上で「インターネットを巡る状況などを考慮すると、映像を加工せずに放送したことは人権への適切な配慮を欠き、放送倫理上問題があった」という見解を示した。

   フジテレビは「決定を真摯(しんし)に受け止め、再発防止に努めます」とコメントしている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中