NECは撤退、パナ・富士通・シャープはイバラ道 苦境続く国内携帯メーカー、スマホ戦略見直し

印刷

   国内携帯電話メーカーが事業戦略の見直しを迫られている。各社の2013年4~6月期連結決算が出そろい、携帯電話事業が経営の足かせになっている構図が浮き彫りになったからだ。

   NECがスマートフォン(多機能携帯電話)から撤退し、パナソニックも撤退の検討を進めている。他メーカーも米アップルや韓国サムスン電子に押され、苦境に陥っており、今後の動向が注目される。

ドコモのツートップ戦略でダメージ

   「スマホへの取り組みが遅れ、魅力ある商品開発ができなかった」。NECの川島勇取締役は7月末にスマホ事業からの撤退を発表した際、こう述べた。携帯出荷台数は昨年4~6月期の80万台が今年は45万台へと激減。ソニーとサムスンの2機種を推奨するNTTドコモのツートップ戦略も追い討ちとなった。ただ、「ガラケー」と呼ばれる従来型携帯電話については「開発費が安く収益が見込める」(川島取締役)との理由から継続する。

   パナソニックの携帯事業も4~6月期で昨年の37億円の営業赤字が54億円に拡大し状況は厳しい。同社は個人向けスマホ事業からの撤退を検討しており、法人向けに特化する考えだ。

   富士通も携帯事業は100億円超の営業赤字だった。しかし、同社は「スマホ市場は大きく、逃げることはない」と事業を継続することを明言。高齢者向けの「らくらくスマートフォン」に活路を見いだそうとしており、国内だけでなく、フランスでも試験的な販売を始めている。同じく苦境に陥っているシャープや京セラも事業を継続する方針だ。

   ただ、国内市場でアップルやサムスンの存在感が増すなか、「日本メーカー全てが生き残るのは難しく、今後も撤退せざるを得なくなる企業も出てくる」(大手メーカー幹部)との見方が広がっており、再編圧力は尽きない。

ソニーは唯一好調

   一方、国内メーカーで唯一好調なのがソニーだ。昨年4~6月期に281億円の営業赤字だった携帯事業は59億円の黒字に転換した。業界からは「ドコモのツートップに入ったおかげだ」との声も聞こえてくる。しかし、同社は「欧州や日本など多くの地域で展開できたのが強み」と説明。特定市場にこだわらず、積極的に海外に打って出たのが奏功した形だ。

   スマホは巨額な開発費用が必要となるため、世界規模でシェアを拡大して開発コストを捻出する必要がある。ガラケーに特化して国内市場を主戦場に戦ってきた多くの国内メーカー。新たな国際戦略を描けなければ、今後も厳しい状況から脱することは難しそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中