松坂大輔、自由契約に 本人が希望

印刷

   米大リーグのインディアンスは2013年8月20日(現地時間)、チーム傘下3Aのコロンバスに所属する松坂大輔投手(32)を自由契約にしたと発表した。松坂投手本人が希望し、球団が受け入れた。今後は全ての球団と交渉できることになる。

   松坂投手は12年のオフにレッドソックスからフリーエージェントとなり、マイナー契約でインディアンス入りしたが、左脇腹の故障などもあってメジャーでの登板はなかった。コロンバスでは19試合に登板し5勝8敗、防御率3.92だった。

   8月21日未明に更新したツイッターでは「コロンバスでは素晴らしい仲間に会えたし、コロンバスの街も好きでした。今朝みんなに挨拶をして、別れの際にはチームメイトからは今まで楽しかったよ、ありがとうと言われて色々とギフトを貰いましたが余計に寂しくなってしまいました。本当に感謝しています!ありがとうございました!」と球団への感謝を述べている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中